読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おにメモ

SIerを辞めてフリーランスになったシステムエンジニアのブログ。

【MHXXのラスボス】アトラル・カの倒し方

モンハンダブルクロス、ついに発売されましたね。

私も一応のラスボスであるアトラル・カはすでに倒していて、そのまま乱獲>一式装備も作成済みです。

このアトラル・カ、非常に面白く個性のある動き方をするのですが、初見だとわけがわからない(笑)状態だと思います。

というわけで、すでにあちこちで書かれていますが、当ブログでも倒し方をメモしておきましょう。

全体的な強さについて

アトラル・カは形態変化をします。順番にまとめると

  • 素っ裸のカマキリ状態
  • ロボ状態
  • 素っ裸のカマキリ状態
  • ロボ状態
  • 素っ裸のカマキリ状態(車輪あり)

という段階を踏みます。

MAPはだだっ広い砂漠で、1MAPです。砂漠ですが熱くも寒くもなく、特にドリンク類はいりません。

状態異常としては、ネルスキュラ同様「糸」によるだるま状態が発生し、身動きがとれなくなります。

「消散剤」を使えば回復できるので、消散剤はあったほうがいいでしょう。

素っ裸のカマキリ状態

素っ裸のカマキリ状態です。何も考えることなく、普通のモンスター同様、ただ叩くだけです。

一応、個人的に意識していることは以下です。

  • アトラル・カに張り付く(至近距離を維持)
  • バリスタは三回目に出てきた車輪モードまで温存

アトラル・カは大きな資材を振り回す関係上、密着していると被弾が少ない感じがします(特に車輪を振り回しているとき)。

素の状態では最後の車輪を振り回しているときが最も脅威なので、バリスタをそこまで温存しています。遠くから撃てるので安全+バリスタの威力で最終形態の討伐時間が短くなる恩恵がある。。。気がしています。

最終段階において車輪以外で面倒なのは、張り巡らせた糸でしょうか。糸に当たると、だるま状態になってしまいます。

しかし、この糸、武器で叩き切ると、ぶるん、と震えて消えます。アトラル・カに近づけないと焦らず、糸を叩き切って進みましょう。

ロボ状態

カマキリ状態よりも、問題はこっちですね(笑)

ロボ状態はモンハン4のようなダラ・アマデュラダレン・モーランと同じく、完全に作業ゲーです。

  • 右足or左足の黄色い中指を叩いて破壊する
  • 破壊した方の足がよろけて、ロボがダウンする
  • 破壊した足の側面に赤い△が出るので、そこからよじ登る
  • よじ登ったら「蜘蛛の巣」のようなものがあるので、攻撃して破壊する
  • 破壊したら先に進む。「蜘蛛の巣」があったら破壊する
  • 道なりに進むと「金色の繭」があるので破壊する
  • 繭を破壊すると、ロボがダウンする(ハンターは落下する)
  • ロボの股間あたりにある乗り込み口が投げ出される
  • 開いた乗り込み口から上っていくと「巨大な繭」がある
  • 繭をひたすら叩く

という感じです。長々と書きましたが、基本的な流れは

  • 足を破壊して上へとのぼる
  • 蜘蛛の巣を壊しながら進み、金色の繭を破壊する
  • 開いた入り口からのぼり、巨大な繭を叩いて破壊する

という手順となります。ロボ第一弾、第二弾とも同じ手順となります。

ポイントは巨竜爆弾をどこで使うかですが、個人的には最後の巨大な繭への攻撃で使っています。

一方、酒場からの応援物資と、撃龍槍については、無視して戦っています。

<<2017-04-02追記>>

何度もカマキリを回していて思ったのですが、巨竜爆弾も使わなくていいかと思います。

特に爆弾を使わなったときに火力不足を感じることがなかったので。G級武器の四人が殴れば、それで充分でしょう。むしろ爆弾で仲間を吹き飛ばすので、よろしくないまでありますね。

<<2017-04-16追記>>

ちなみに、カマキリロボの四本の足にはそれぞれ「ロボの内側方向」に採掘ポイントがあります。ロボの足を破壊後、停止している間に採掘可能となります。

採掘すると風化お守りが出ることがあるので、みんなカンカンしています。

ただ、物欲にまみれてカンカンしていると、ロボが再起動し、討伐タイムをロスしてしまうことです。このあたりは痛し痒しですね。

覚えておくといいのは「ダウン下側の前足を採掘した直後なら、ハシゴに向かっても再起動前に登りきることができる」という点です。

なので、私は前足をカンカンした後、すぐハシゴに回って破壊に向かっています。

確定拠出年金の入金が開始! いきなりのマイナス!?

先日、SBIで確定拠出年金をはじめたと書きました。

onipad.hatenablog.com

で、開始申請をおこなってから三ヶ月。ようやく初めての入金日を迎えました。これで始まる、私の投資生活。。。

と思っていたら。

f:id:onipad:20170317221115j:plain

-2944円。

いきなりマイナスになっとるぎゃー!

なんということでしょう。何か大きな株価の変動でもあったのでしょうか。トランプ大統領あたりが何かをほざいたのでしょうか。

と焦り、このマイナスは何事かと調べたら。答えが見つかりました。

SBIページの「iDeCo(個人型確定拠出年金)の諸経費」に答えがありました。

費用をピックアップしてくと。

2777+103+64=2944円

完全に一致!!!

というわけで、初回費用+口座管理費でした。よくよく画面を見直すと、商品タイプが「待機資金」となっていますね。

f:id:onipad:20170317221128j:plain

このお金で、実際に投資信託を購入するのは、何とさらに一ヶ月後の4月中旬になります。

  • 1月初旬⇛登録の書類を送信
  • 2月中旬⇛サイトへのログインキーが送られる
  • 3月中旬⇛お金の徴収
  • 4月中旬⇛投資信託の購入

という流れのようです。長いですなー。。。

まあ、もちろん手数料も費用、自分のお金が持ち出されているわけですから、それを取り戻さなければ、マイナスになるのは道理。よって、手数料を明示するのは正しい作りですね。

4月の購入日が楽しみです。

【モンハン】重要スキル一覧(攻撃編)【初心者向け】

なんだかんだで延々とシリーズが続いているモンハン。その度に様々なスキルが追加されていて、かなりカオスになっています。「ハチミツ」とかどうするんだ、これ。

数は多いのですが、実用的なものが少数なのも事実です。

お守りをゲットした初心者に「必要なやつだけ確保すればいいよ」と言うわけですが「じゃあ、必要なものって?」と言われるとぐぬぬぬぬとなります。

というわけで、私がぱっと思いつく実用スキルをご紹介。このスキルがついているお守りは、数字が良さげだったり、スロットが多ければ残して損なし。今回は攻撃編です。

攻撃

攻撃力をあげるスキルです。スキル+10で攻撃+10、以降、スキル+15で攻撃+15、スキル+20で攻撃+20と上昇します。

直接的に攻撃力をあげてくれる、まさに攻撃スキルです。

シンプルすぎるがゆえに軽視されがちですが、素の攻撃力アップはきっちり仕事をしてくれる良スキルと言えるでしょう。

注意点は、上昇値が固定値であること。攻撃力100時代の+10は大きいですが、攻撃力200の+10は効果の比率が半減してしまいます。武器の攻撃力が高くなってくると、会心率を上げるスキルのほうが有利とされています。

痛撃

肉質で45以上の部位を叩くと、会心率が+50%されるスキルです。

肉質45以上ってどこだよ、というのが初心者にはわかりにくいでしょうが、「モンスター名 肉質」で検索すると肉質データを参照できます。それすら面倒な場合は「だいたい頭を叩けば大丈夫」くらいの理解でもほぼ問題ありません。

基本的に頭ばかり狙うのがモンハンですから、肉質しばりはデメリットですらなく、会心率+50%のメリットが光ります。

逆に、頭を狙えるだけの技量がない場合は完全に無用のスキルのため、自信がない場合は見送るのも手です。

武器の切れ味を上昇させるスキルです。切れ味によるダメージ上昇率は意外と大きく、ざっくり数値化すると以下のような感じです。

  • 緑:1.0倍
  • 青:1.2倍
  • 白:1.3倍

素の攻撃力が220の場合、緑:220、青:264、白:286となります。攻撃スキルで+20するよりも上昇率がよいです。

切れ味は火力維持で、最も意識するべきところなので、極力、そのシリーズで最大の色(クロスなら白、ダブルクロスならおそらく紫)を目指しましょう。

業物

切れ味の下落を半減してくれるスキルです。つまり、切れ味消耗を1ではなく0.5にしてくれるスキルとなります。

片手剣や太刀のような、手数系武器で御用達のスキルとなります。

このスキルは確かに便利なんですけど、考えなしにつけるようなものでもない、と思っています。というのも、業物は切れ味の色を維持するだけで、火力自体そのものを上げるわけではないんですよね。

よって、業物を外して他の攻撃スキルを積み、うまくタイミングを図って砥石を使うようにしたほうが、火力アップになることもあります。

使用する武器の切れ味と立ち回りを吟味してから採用を検討するべきでしょう。

抜刀会心(技)

納刀からの抜刀攻撃の会心率を+100%するスキルで、実質的に大剣専用スキルです。大剣なら絶対につけましょう。他の武器の場合は不要です。

+100%というのがミソで、マイナス会心がついている武器の場合、100-Xが最終的な会心率(-20%なら+80%)になり、絶対クリティカルするわけではありません。

似たようなスキルに抜刀(力)がありますが、こちらは攻撃力+5に加え、ハンマーと同様のスタン効果を大剣に付与します。抜刀術の力と技を同時に発動させた状態を、W抜刀と呼びます。

抜刀(力)は個人的に好きなスキルなのですが、抜刀(技)に比べると優先度は下がります。似ている名前なので、うっかり間違えてつけないようにご注意ください(笑)

集中

実質的に大剣・弓専用スキルで、ため時間を短くしてくれます。

とはいえ、もちろん、ハンマーの溜め時間も短くなりますし、太刀の鬼刃ゲージの上昇値を上げる効果もあります。

達人(見切り)

クリティカル率を上昇させるスキルです。+10で会心+10%、+15で会心+20%、+20で会心+30%となります。

  • クロスで会心率の上昇値が強化された
  • 素で達人+15の隼刃の羽飾り

のおかげで、大人気のスキル。攻撃スキルと対をなす、シンプル極まりないスキルです。ゆえに攻撃スキル同様、わかりやすいほどに直接的な火力増加を保証します。

クロスでは攻撃スキル以上に、迷ったらつけておけ的なスキルです。

挑戦者

モンスターが怒ったときに発動するスキルです。同時、しゃきーん、と手首のあたりが光る、中二病御用達スキルです。

  • +10 ⇛攻撃力+10、会心+10%
  • +15⇛攻撃力+20、会心+20%

となります。

アップ率の関係上、基本的に+10での発動はせず+15を目指します。

もともと非常に強力なスキルなのですが、クロスでは弱体化された+装備の関係で発動が難しいので、以前よりは重要度が下がっています。

ダブルクロスでは復権の可能性もありますね。

会心強化

クロスで追加された新スキルです。

会心時のダメージ倍率を1.25倍から1.4倍にする、という噂がありますが、1.4倍自体は俗説で、確定してなかったような気もします。

クリティカルを発動しないと意味のないスキルなので、素の会心率を高い状態で発動させましょう。

連撃

こちらもまた、クロスで追加された新スキルです。

  • 攻撃が当たってから5秒間発動
  • 次の攻撃から会心率+25%
  • 5回攻撃すると会心率+30%に上昇(追加で5%の上昇)

ポイントは「最初の1発目は会心率が増えない」ことです。なので、大剣のような一発ズドン系の武器には意味がありません。

それどころか、1サイクル3発>離脱の動きでもそれほど旨味はなく、双剣以外の武器ではなかなか扱いが難しいスキルです。

個人的には、達人や痛撃よりは優先順位の下がるスキルだと思っています。

○属性攻撃強化

武器の属性攻撃を底上げするスキルです。

属性武器を担ぐ=モンスターの弱点属性で攻める、なので、このスキルによる属性攻撃の底上げは、かなり効率の良い火力アップとなります。

属性武器を担ぐなら、悩むことなく、このスキルを積みましょう。

基本的に、装備でつけるスキルではなく、なぜかこれ系のスキルは、お守りで第二スキルが+12スロ2程度ならごろごろ出ます。お守り一発で属性強化+2も夢ではないので、発掘を頑張りましょう(笑)

通常弾強化、貫通弾強化、散弾強化

ガンナーなら必須の攻撃スキルです。

自分がメインで扱う弓/弾を決めて、それにふさわしいスキルをいずれか発動します(弓の場合、連射弓が通常弾強化、貫通弓はそのまま、拡散弓が散弾強化に対応しています)。